2011年04月02日

London 13

RIMG0516.JPG

毎月最終日曜日Brick LaneのThe Vibe Barで行われてる
Channel One Sound SystemのFree Sessionに潜入!!

Sessionは夕方5時〜12時くらいまで普通のBarでChannel OneのFull System!!
↓↓↓

RIMG0420.JPG

現地到着したのはPM5:00。
すでにスピーカーは搬入されててBar内に入るとMCのRas Kaylebの方から
『Gwaan Bob!! I'm glad to see ya rasta!!』っと声をかけてもらった。

4年ほど前からソーシャルネットワークで連絡をとり合ってて
やっとReal Link Upできた瞬間だった!!

RIMG0428.JPG

Ras KaylebがControl Towerを組み立ててたMikey Dreadを呼んでくれて少々小話を。
凄いいい感じで迎えてくれたので嬉しかった。

RIMG0430.JPG

まだ始まってなかったので例のベーグルを食べに行こうとすると
外にたまたまRas Kaylebがいたので。。。

RIMG0424.JPG

このsessionのすごいのは完全にFree。
それと全く防音してないので外に音が漏れまくり w
そんなの関係ないみたいでっす。

RIMG0440.JPG

sessionの準備をするchannel one crew。


RIMG0439.JPG

Sound Checkが始まった頃にはBar内はパンパン。
人種関係なくいろんな人たちが集合しててNice Vibes.

RIMG0453.JPG

startして間もないがもう2人は汗ビショビショ。

RIMG0450.JPG

フロアのみんなも汗ビショでskank with Jah music!!



Mic Chanter Ras Kayleb pon de mic!
『Rise up Jah pepole!』

RIMG0470.JPG

Gwaaaaaaaan Channel One Sound!
A面からのDubでChanter Ras Kayleb!!

RIMG0467.JPG

前の方には有名なアーティスト達が。
Terr God、Naffi I、Barry Issac etc,,,,,

Channel oneのマネージャーのRachelが『あなた達もこっちにおいで!』って
言ってくれてスペースを確保。
フロアはパンパンだったので本当に助かった。
Give thanks Rachel!



時間が経つにつれて熱が入ってくるChannel one!

RIMG0425.JPG

頭の上から降ってくる高音の雨!
耳を突き刺すような中音!
地鳴りのような低音!

IMGP1195.JPG

フロアの熱気が凄い!
みんな『この日の為に生きてる!』って感じでJump up!
確実に音を楽しんでる様子。

RIMG0474.JPG

フロアの人達を見るとどこからどう見ても『Clubなんて行かないでしょ?』って
いう見かけのごくごく普通のおばちゃんがミネラルウォーター片手に
ガシガシ踊ってるのを見て正直カルチャーショックを受けました。

RIMG0473.JPG

っとUnity Vibesを感じてるとRas Kaylebが。。
『俺たちはOne Big Familyなのになぜ殺し合うんだ!
俺らは肌の色が違っても全く同じ赤い血が流れてるんだ!』

RIMG0456.JPG

『それとなぁ〜 今日は俺の友人がFar Eastから遥々来てくれてるんだ!
そいつの名はJah Revelation OuternationalのRas BOBだ!!
日本に行けなくてもyoutube,myspace,facebookで検索してみろ。
そこには俺たちと同じVibesがあるぞ。』

それをRas kaylebがしゃべってる時にMikey Dreadがこっちを見て
深くうなずいていた。。。

RIMG0461.JPG

他にもKaylebは。。
『おい、酔っぱらってる奴!! 外に行って頭冷やしてクールダウンしてこい。』
Barでsessionやってるのに酔っぱらってる奴は外へなんて。。。w
そんな冗談も入れてくるKayleb。 さすがだな。。。

RIMG0471.JPG

しばらくControl TowerでskankしてるとPlay真っ最中のMikeyが
『Bob、調子はどうだい? 楽しんでるか?』って気を使ってくれる。

IMGP1182.JPG

私たちも酔っぱらっては無いがクールダウンしに外へ。
音はダダ漏れ状態で外で踊ってる方も。 www
24時間営業のコンビニでビールを買い喉の渇きを潤す。

IMGP1181.JPG

外ではいろんなフライヤーマンがいて小話タイム。
その時のBGMはもちろんダダ漏れの音。

RIMG0463.JPG

The Vibe Barの敷地内に入ってクールダウンしてたらすごい視線を感じたので
見てみるとそこにいたのは5年前にLinkLink upしたBarry Issacがいた。
また小話タイム。w

RIMG0464.JPG

フロアの熱気が冷める事が無い。。。
crewがいる場所まで行くのに必死でした。



Dub JudahのFireをPlayするChannel One。
めっちゃカッコ良かったし、やはりRas KaylebのMicがWicked!

RIMG0472.JPG

MikeyもFoundationやDubplateを出してくる。
それも全record。



そして時間も12時近くになりLast One。
やはりこのDubplateだった。
【この動画は他のsessionです。】

この曲とBarrington Levy/bounty Hunterの時はフロアが『一つ』なった。
MikeyもCome Againをカマす時『ウォーイ!』って叫んでた。

Sessionで一番Vibesを感じる瞬間だった。
『Riddimを体で感じ、心で聞く。』

RIMG0457.JPG

Sessionも終了しMikeyとcrewが『今回のsessionは今までのvibe barでのsessionで一番だったな。』って言ってました。

RIMG0475.JPG

Mikeyを待ってると『Bob、探したぞい。』って振り向いたらRas EarlとQueen Ayoがいた。
ガッチリ握手をして小話タイム&記念撮影。

RIMG0476.JPG

Mikeyと20分ほど話して『2日後にMark Mostecの所に行くって言ったら』、
『じゃあ俺も行くわ〜。』ってな感じ。w

Ras Kaylebも『今回、Bobに会えて良かったよ』的な事を言ってくれて
Channel Oneの大ファンの一人として凄く嬉しかった。

IMGP1200.JPG

初めてChannel Oneのsessionに行ったのは私が21才の時のNotting Hill Carnival。
その時感じた全く同じPeace,Love and UnityのVibesがあった。
自分も21才の時にタイムスリップした感じ。
10年ぶりのChannel One Sound Systemを心の底から楽しめた。

RIMG0426.JPG

この良い経験を感謝しつつこれからの自分の人生に生かして行きたいと思います。

RIMG0443.JPG

もしLondonに行く方がいたら是非このsessionに行ってみてほしい。
Reggae、Dub、Sound Systemの事を全く知らない方でも大丈夫。
そこには言葉で表現できないVibesがある。Bad Vibesでは無くSweet Vibesがある・・。

RIMG0466.JPG


Big Up Channel One Sound System!





Id like to say Give thanks for sweet sweet session to all the Channel One Crew.
I had really nice time @ the vibe bar with Channel One. For real.
I hope see u soon in London or Japan. We have to wait until right time come.
Jah will guide us for it. Seen?
Rastafari bless Channel one sound!

Jah revelation Outernational
Ras bob


London 最終章につづく・・・
posted by J.R.O at 20:22| Comment(0) | London
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: